さくら建設

スタッフ紹介

  • 石山知人
  • 佐々木圭
  • 佐治
  • 石山知人
  • こんにちは。さくら建設でリフォームを担当している石山です!
    モノづくりが好きでこの業界に入り、14年がたちました。リフォームの仕事は、
    「今あるものを、リ・フォーム」する仕事。新築のようにゼロから作り上げていくものとは
    違い、本当に小さなことが大きな変更につながったり、別の工事を行わなければならなかったり...そんなところに難しさとやりがいを感じながら、仕事をしています!才能は有限、でも、努力は無限!努力の限りを尽くしてお客様の喜んでいただいた時は、本当に嬉しくて、よし!また明日も頑張ろう!と思います。いい仕事をするために、休日は出来るだけリフレッシュしています!ソフトテニスをしたり、登山をしたり、アウトドアで過ごすことが多いですが、
    雨が降った日は「クロスワードパズル」とかやっています。(笑)リフォーム工事に
    ご興味あるみなさま!工事の大小にかかわらず、ぜひお気軽にお問合せください!
    ベストなプランを一緒に考えます!

  • こんにちは!リフォーム担当の佐々木です。
    自己紹介の機会をいただきましたが、昔から自己アピールが苦手で、今回もしばし悩みました…佐々木です!ニックネームはボブ。よろしくお願いします!僕はもともと『木』が好きで、そんなことから、木造住宅の建築施工を得意とする「さくら建設」に入社しました。当社は今年の6月にオフィスを新築していますが、これがまさに生粋の「木造住宅」でして、竣工後しばらくは、木の香りに包まれておりました。(僕は職務上、外出が多いので、あんまり匂いを満喫できなかったので残念。。)
    「好き」の理由を聞かれると困ってしまいますが、もし自宅をリフォームするなら、
    ログハウス風の家にしたい!なんて思っています。いつかは、自分で建築したい!そのとき、子供と一緒にできたら楽しいだろうな、と思ってます。家を解体すると、腐った柱を見る機会もあります。ツライですね。木がかわいそう。住んでる家が素敵だったら、家に帰りたいという気持ちが自然にわいてくると思います。ご家族みんなが帰りたくなるような、 夢のある家づくりのお手伝いができるように、これからも頑張ります!!!

  • 佐々木圭
  • 佐治
  • リフォーム事業を担う「建築二課」で次長をしております、佐治です!
    日々、さまざまな案件に取り組ませていただいていますが、ふと、自分の家をリフォームするなら、どこをどうリフォームしようか?と思うことがあります。 僕の場合は、、、、、「庭」!自分の子供が楽しそうにはしゃいでる姿を思うと、「庭」なんですね。何が言いたいのかというと、リフォームというのは、「家族」の幸せにすごく直接的につながる仕事だと思っているんです。だから、すごく遣り甲斐がありますし、仕事に誇りをもってます。僕は今、課のメンバーが最高のパフォーマンスを発揮できるような環境をつくることが、おもな仕事。でも、お客様が喜んでいらっしゃる姿を思い浮かべながら仕事をしているというのはずっと変わらないです。この気持ちは課のメンバーとまったく同じです。
    それから、リフォームは「仕上がりの美しさ」も大切だと思っています。機能的な改善、改良ももちろんですが、毎日かならず目にふれるのですから、美しいに越したことありません!なんだか美意識高めな発言に聞こえるかもしれませんが、実は僕、もともとはコーディネーターを目指していました。僕なりの美学を持ってるつもりです。ただ、(もう随分前のことですが、)入社して本採用となったとき、工事監督の配置されました。(・・・ルックスのせい?)そして、今に至ります。少し長くなりました。今後もメンバー一丸となって精一杯頑張っていきます!どうぞ、宜しくお願いします!